ニュース&メディア

TCSニュース

Promoting peace and co-prosperity among
China, Japan, and the Republic of Korea
その他 釜山国際交流財団への訪問 (2022年5月3日、韓国・釜山) 2022.05.03
分享到微信朋友圈
    2022年5月3日、欧渤芊(オウ・ボーチエン)日中韓三国協力事務局(TCS)事務局長は釜山国際交流財団(BFIC)の鄭鐘弼(チョン・ジョンピル)事務総長と会談しました。 

    鄭事務総長は欧事務局長の訪問に謝意を表し、釜山国際交流財団の戦略課題達成に向けた成果と、公共外交及び釜山の地域住民と外国人の相互理解増進のための取組みなどを紹介しました。2021年釜山公共外交フォーラムでの欧事務局長の基調演説に感謝すると共に、6月30日に開催される2022年フォーラムへの招待の旨を述べ、今後TCSとの更なる協力に対する意向を示しました。 

    欧事務局長は会談の機会に深く謝意を表し、TCSの主要機能を紹介しつつ 、北東アジア地域における「恒久の平和、地域の繁栄、共通の文化的価値」の精神の実現を目指し、公的機関や民間団体と緊密に連携する旨を述べました。また、TCSの過去10年間の成果及び現在計画している若手経営者の相互訪問パイロットプログラムや日中韓青少年交流ネットワーク(TYEN)などの事業を紹介しました。 6月14日に開催されるTCSの旗艦事業である日中韓三国協力国際フォーラム2022(IFTC2022)に鄭総長を招待し、双方は今後広報分野における協力を拡大していくことで合意しました。 

▲釜山国際交流財団の鄭事務総長とTCS欧事務局長